外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装の手順

外壁塗装はなぜあんなに費用がかかるのか、外壁塗装の手順を見てみれば理解できるかもしれません。

1 周囲の足場建て

家の周囲を囲むように作業足場を組み立てます。
高さは軒高以上です。周囲に汚れが飛び散らないように、また、工具を落としたときに外部に危害を及ぼさないようにネットを張ります。

2 マスキング

作業で汚れるといけない箇所にテープとビニルでマスキングをします。窓サッシ、換気扇、換気口、エアコンのパイプ、雨どいなどを覆います。工事期間中は換気扇が使えません。

3 下地処理

外壁全体の塗装を高圧洗浄します。
チョーキングが出ているところは、手作業で古い塗装を取り除きます。金属部分はケレン作業で汚れやさびを落とします。下地処理の出来が塗装の出来を左右する重要な作業です。

4 下塗り

外壁を48時間以上十分に乾燥させたら下塗りです。
下塗り塗料は、外壁に上塗り塗料が良く喰いつくようにするためのものです。水性塗料でローラーを使って塗るのが一般的です。ローラーでは塗れないところは刷毛で手塗りします。水性といっても乾いてしまうと取れませんから、塗料がデッキについたりすると取れないので注意が必要です。

5 中塗り・上塗り

塗料の乾燥時間は春から秋にかけては約2時間です。下塗りが十分に乾燥したら中塗りと上塗りを行います。中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。これも水性塗料でローラーを使って塗るのが一般的です。ローラーで塗れないところは刷毛で手塗りするのも同じです。

6 目地のコーキングの取り換え

サイディングの継ぎ目にはコーキングが施されています。これもひび割れて劣化するので、古いものを取り去り、新しい材料でやり直します。交換が基本です。古いコーキングをそのままにして、その上からコーキング剤を詰める業者は手を抜いています。

7 仕上げ

ローラでは塗れない細部は手塗りで仕上げます。金属部分は金属用の塗料で手塗りします。塗り残しがないか十分に確認して、よければマスキングの撤去、最後に足場の撤去を行って完成です。

大まかな手順は以上のとおりです。
屋根塗装も同時に行うときは、屋根から取り掛かり、屋根が終わったら外壁にかかります。

天候が良ければ約2~3週間で完成です。職人さんは何か所もの現場をかけもちしているのが普通なので、ずっと現場にかかりっきりになれないこともあります。

車の傷を塗装するだけでも5万円とか10万円は普通にかかりますから、家を1件塗装しなおして数十万円~100万円かかるのも無理はありませんね。

外壁塗装の相談はここから始めてみては。
営業電話がかかってくることはありません。

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の
優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする