外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 耐用年数

ここでは文字どおり、塗装した外壁の防水性能はいつまで持つのかを書いていきます。

外壁を塗装した場合に、次の塗り替えはいつになるのだろうかと考えますよね。費用も高いので、できるだけ長く持って欲しいものです。

塗料の耐用年数は、塗料の種類によっても違うので、ざっくりですが次のようになります。なお、ウレタン系やアクリル系は耐用年数が数年と短いので外壁塗装には適しません。

無機質系配合塗料の場合

耐用年数は約20年。㎡単価 約6,000円
商品例 エスケー化研 スーパーセラタイトF
そのほかセラミック配合フッ素樹脂系塗料やガイナ塗料など

フッ素樹脂系塗料

耐用年数は約15年。㎡単価 約5,300円
商品例 エスケー化研 クリーンマイルドフッ素
ハイブリッド系もほぼ同じです。

シリコン樹脂系塗料

耐用年数は約12年。㎡単価 約4,600円
商品例 エスケー化研 クリーンマイルドシリコン

選ぶのならこの3種類の中からとなります。
費用が許すのなら、無機質系配合塗料がいいです。
一般的には、これからはフッ素樹脂系以上を選択するのが良いでしょう。

ほかには、新築から2、3年しか経っていないなどで外壁の状態が良い場合は、樹脂コーティングが有効な場合があります。塗料の例は、エスケー化研のクリーンSD 3分艶などを使用します。

これは、アクリルシリコン樹脂塗料で、耐用年数は12年~15年とエスケー化研のサイトに書かれています。

耐用年数は大事ですが、メーカー指定の施工方法をきちんと守らないと規定の耐用年数が出ません。

たとえば下地処理をきちんとしなかったり、乾燥工程をいい加減にすると、3年~5年で塗装が剥がれてきたりします。良い塗料を使ってもこれでは何にもなりませんね。

知識と技術が豊富な塗装屋さんを選ぶことが大事です。

優良な塗装業者の探し方

優良な塗装業者を紹介してくれるサイトを利用するのも良い方法です。今は口コミがネットであっという間に広がる時代です。

業者を紹介されたら、ネットで口コミを見て見ましょう。
悪い口コミが次から次と出てくるような業者は辞めたほうが無難です。

無料の紹介サイトはこちらです。

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする