必ず入れる工程

外壁塗装には必ず入れるべき工程があります。

最近の広告チラシの料金には、このあたりが明確でないものや明らかに省いているものがあります。

次の工程は必ず入れるものとして、見積書に項目を明記してもらいましょう。

塗装一式○○○万円と言ったアバウトな見積もりは最悪ですし、そのような見積もりを出す業者は信用できません。

見積書に必ず入れるべき工程

必ず入れるべき工程はつぎのとおりです。

・工事前に近所へのあいさつ
・足場の設置と撤去
・高圧洗浄
・事前作業の内容
(外壁の割れ剥がれ等の補修、ガラス窓などのマスキング、破風板等木部の塗装補修、鉄部など金属部のケレンと塗装補修、外壁のコーキング補修)
・塗装は下塗り1回、中塗り1回、仕上げ塗り1回の3回
・塗料の種類と名称
エスケー化研、関西ペイント、日本ペイントのいずれかを使う(高級オリジナル塗料という名称の格安塗料は使わない)
・サイディングのつなぎ目のコーキング補修

どれも一般的な外壁塗装工程に含まれているべきものです。料金が安い場合は、このうちのどれか、または複数が含まれていないと考えていいでしょう。

よくあるのが下塗り1回、仕上げ塗り1回の2回しか塗装しない工事です。これでは耐用年数が長く持ちません。

また、足場別途料金という場合があるなので、必ず現地を見て見積もりを書いてもらいましょう。

最低限注意する工事内容

1.塗装は3回塗りが標準です
下塗り1回、中塗り1回、仕上げ塗り1回が標準工程です。中には、下塗り1回、仕上げ塗り2回という見積もりがありますが、それもOKです。

2.塗料の種類
塗料は、できればフッ素系以上の耐用年数が15年から20年のものを使いましょう。どんなに安くてもウレタン系(耐用年数8年程度)などはお金の無駄になります。

3.塗料メーカー
塗料は、エスケー化研、関西ペイント、日本ペイントで90%以上のシェアを占めています。この3つのメーカーがおすすめです。断熱塗料なら「ガイナ塗料」がおすすめです。

4.高級オリジナル塗料にだまされない
高級オリジナル塗料というのにはだまされないでください。普及品以下のレベルの品です。仕入れ値の安い塗料をオリジナル塗料と称して、売れば利益率が良くなり業者が儲かるだけです。

5.見積もりは同じ条件で比較する
足場代を含むものと足場代が別途のもの。2回しか塗装しないものと3回塗装するもの。こういうのをバラバラに見積もりを取っても比較になりません。

必ず入れるべき工程を参考に、同じ条件で見積もりを比較することが大事です。

優良業者紹介サービスは親切で好評です。

★優良業者無料紹介サービスです。

 

ヌリカエ

ヌリカエ公式サイト

契約件数3万件超えの優良業者紹介サービス
(2022年8月)
対応が親切で信頼できる
株式会社speeeが運営
東京証券取引所 スタンダード市場上場企業
全国対応です
無料紹介・無料で見積もり
利用は完全無料なので安心です
いきなり塗装業者から電話がかかることはありません
サービスセンターで、いろいろな疑問や相談に対応
依頼しない業者への断りの電話もサービスセンターで対応
 

外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口公式サイト

2021年に月間利用者が30万人突破
契約者数は非公開
運営会社は株式会社ドアーズ
無料紹介・無料で見積もり
いきなりの営業電話はなし
専門知識を持った女性担当相談員がサポート
依頼したい業者が決定し、他の業者を断りたいときは、サポートの方でお断りの代行連絡
 

外壁塗装の駆け込み寺

外壁塗装の駆け込み寺

2015年時点で紹介件数が10万件
運営は株式会社フェリキタス
匿名での申し込みもOK。
最大3社までの一括見積もり
塗装業者からのいきなり営業電話なし
すべて無料のサービス

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする