外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装は大事なメンテナンス

外壁に使われる窯業系サイディングボードは、耐用年数が一般的に約30年とされています。サイディングボードは窯業系(セメントを木繊維などで補強)が一般的で、表面に防水塗装が施されています。

この最初に塗装されている防水塗装の耐用年数が、10年から12年程度と短いのです。

指先で外壁をこすってみてください。汚れとは違う白い粉が付きませんか。これはチョーキング現象と呼ばれるもので、防水塗装の劣化が始まったサインです。

塗料の顔料が紫外線などで分解され、白い粉となって付いたものです。

おおむね新築後10年程度で、この防水塗装の劣化が始まります。塗装の劣化なのでサイディングが傷んでいるわけではありませんが、メンテナンスをする時期に来ています。

サイディングの耐用年数が30年というのは、定期的なメンテナンスをした場合に30年持ちますという意味です。

サイディングを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要なのです。

メンテナンスとは次のことを指します。
1.防水塗装をやり直すこと
2.サイディングの継ぎ目のシーリングをやり直すこと

この防水塗装のやり直しのことを外壁塗装と言います。

最近はフッ素塗料やセラミック配合塗料など耐用年数が15年を超える良い塗料が出て来ましたので、これらを活用するとトータルコストが安く済みます。

葺き替えまでのロードマップの例は次のようになります。

新築後12年~15年 新築後30年
外壁サイディング 耐用年数15年以上の塗装 張り替え
スレート屋根 同上 葺き替え

※ 同じサイディングやスレート屋根でも、年数が経過しているにもかかわらずきれいな状態を保っているものもあれば、新築後10年以内なのに傷みが目立つ家もあります。

※ これは、サイディングやスレート屋根にも個体差があるためです。上記の年数は一応の目安と考えてください。もっと短い場合や、逆にもっと長い場合もあります。

外壁塗装の時期

外壁塗装は、最低気温が5℃を超える4月ごろから11月ごろまでが工事に適した時期です。それは、一般的に塗料の塗装条件が気温5℃以上となっているためです。

なお、梅雨時や台風の時期は外壁塗装ができないため、この時期は避けましょう。

最近は、夏の豪雨、秋の台風などで、屋根、雨どい、外壁が傷んだ家も多いと思います。外壁塗装・屋根塗装は、傷んだところを補修してから行うので、一緒にすれば個別に修理するより金額的にも節約になります。

外壁塗装とあわせて屋根塗装もしましょう

一般的に使用される窯業系サイディングやスレート屋根の寿命は約30年といわれますから、メンテナンスをするときは、外壁と屋根を一緒にするようにした方が費用対効果が優れています。

工事そのものも、足場が共用できるし、塗装作業も一緒にできるので、別々にするより大幅に費用が安く済みます。

新築後、一生の間にどんなメンテナンスが必要か、こちらのページもご確認ください。
⇒ 塗料は外壁貼替時期を考慮して選ぶ

飛び込み営業の業者には注意

外壁塗装は、かなりポピュラーになりました。よくチラシが入っていたりします。それでも悪質な業者はいます。

普通の100㎡から120㎡の住宅の場合、外壁塗装の見積もりは高くても100万円前後です。外壁塗装の見積もりが150万円とか200万円というのは、明らかに高すぎます。

また、今日限りで200万円のところを150万円にしますなどと言って契約を急がせる業者は、まともな業者とは思えませんから契約をしてはなりません。

信用のある良い業者は飛び込み営業などしなくても、口コミで注文が入ってくるものです。

悪質な業者は施工も手抜きで、3年もすれば塗装が剥がれてきたりします。でも、クレームには一切応じてくれず、それどころか、連絡が取れなくなることさえあります。

まずは、評判がよくて技術力のある業者を選びましょう。

見積もりは安いだけでなく優良業者で

見積もりを比較して、安いところに頼みましょうとよく言われますが、一番大事なのは職人さんの技術や知識です。

費用は安かったけど3年で塗装が剥がれてきたという事例も多くあります。多くは下地処理の手抜きと塗料の選定ミスです。安くて技術力の高い工事業者を探すことが最良です。

今は、セラミック系の塗料やフッ素樹脂系の塗料など、耐用年数が15年以上の塗料を使う場合が多くなってきました。

安いからと言ってウレタン系の塗料(耐用年数7年前後)は、外壁には耐用年数の点で向きません。塗料の種類をきちんと説明してくれる業者さんは信頼できますね。

外壁塗装にも費用の相場というものがあります。見積もりをとったときは、相場とかけ離れた金額ではないかを注意してみましょう。

このサイトの外壁塗装 相場のページもご覧ください。

優良業者の探し方

外壁塗装・屋根塗装また、外壁の貼替・屋根の葺き替えを検討したら、実績のある業者に相談して見積もりを取るという段取りになります。

ここで多くの方はハタと困ってしまいます。

どの業者に相談すればいいのか思いつかないからです。

・一つの方法として、施工方法、塗料の選び方、優良業者の紹介サービスを無料で行っている会社に依頼する選択肢があります。

塗装業者ではなく第三者的立場で相談窓口を持ち、ユーザーのニーズに沿った優良業者を無料で紹介してもらえるサービスは、利用する方が失敗がないと思われます。

優良な外壁塗装業者を紹介してくれるサービスの一つに「ヌリカエ」というサイトがあります。このサービスは、あなたのお住まいの地域にある優良業者を紹介してくれるものです。

また、「外壁塗装の窓口」というサイトでは、全国の優良業者の中から自社の登録業者を公開しています。こちらのページに詳しく書いてありますのでご覧ください。

先にも書きましたが、訪問営業によるセールスだけは避けたほうが無難です。特に、初めて聞く業者で今すぐに契約を迫るような業者は、きっちりとお断りした方が後で後悔しません。

訪問営業がすべてダメというわけではありませんが、悪質な業者にはくれぐれも注意しましょう。

業者の住所をGoogleストリートビューで確かめましょう。現地に行かなくても所在地の建物の画像を見ることができますから、外観からどんな会社かすぐに分かります。

今の時点で、素人が優良業者を紹介してもらえる便利な方法が、紹介サービスを利用することだと思います。口コミの良い業者をさらに厳しい目で選別して登録していることで、優良業者だけを紹介してくれるシステムです。

さらに、紹介してくれる本体の会社が塗装業者ではなく、第三者的で中立な立場であればなお良いとは思いませんか。

利用実績が非公開になったようなので、ランキングではなく、順不同でこのような会社をご紹介します。塗装業者以外の第3者が運営しているサイトで、すべて中立的な立場の会社ばかりです。

1.ヌリカエ 優良業者紹介サービス

ヌリカエはこちらからです

2018年時点では利用者実績は470万人突破とされていましたが、今は公開されていません。
利用者が急増している外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービスです。
運営会社は株式会社speee(東京都港区六本木4-1-4)
東証マザーズ上場企業です。
アドバイザーとしての立場です。
全国対応です。
利用は完全無料なので安心です。
見積りは何件でもOK
個人情報は電話番号とメールアドレスのみ。
電話番号はヌリカエからの確認用です。
塗装業者からの営業電話は一切かかりません。
見積もりをとると、同じ条件での相場も教えてくれます。
ヌリカエのサービスセンターで、いろいろな疑問や相談に対応しています。
見積もりをとったけれど依頼しない業者への断りの電話もサービスセンターで対応します。
ヌリカエのサービスはすべて無料です。

2.外壁塗装の窓口 優良業者紹介サービス

⇒ 外壁塗装の窓口はこちらから

2017年には月間利用者が30万人突破とされていましたが、今では公開されていません。
月間30万人なら1年で360万人ですから、大きく利用者数を伸ばしているのは間違いないと思われます。
運営会社は株式会社ドアーズ(東京都港区三田1-2-18)
・無料&匿名で3件まで見積もりがとれる。
・全国500店以上の優良業者からあなたのお近くの複数の業者の見積もりがとれます。
いきなりの営業電話はなし。
・専門知識を持った女性担当相談員が疑問や相談などにきちんとサポートします。
依頼したい業者が決定し、他の業者を断りたいときは、サポートの方でお断りの代行連絡をしてくれます。
すべて無料のサービスです。

3.外壁塗装の駆け込み寺 3社まで一括見積

外壁塗装の駆け込み寺はこちらから

2015年時点では利用者が80万人突破とされていましたが、今は公開されていません。
見積もりをとると、あなたと似た内容の料金相場も教えてもらえます。
運営会社は公式サイトに記載がありません。
ネット情報では株式会社フェリキタス(東京都港区南青山2丁目2番15号)らしい。
匿名での申し込みもOK。
全国で300社以上の優良業者から、最大3社までの一括見積もりがとれます。
業者からいきなり営業電話がかかることはありません。
すべて無料のサービスです。

優良業者の登録基準

このようなサイトで優良業者を登録する基準は、次のような点です。細かな審査が行われています。

・塗装業としての経験が長いか(おおむね10年以上)
・施工実績が豊富か
・代表者が一級塗装技能士などの有資格者か
・下請けに丸投げでなく自社で塗装しているか
・口コミが良好か

(※なお、個人が作っている口コミサイトは信頼性に欠けます。生の声としては、Yahoo!知恵袋や教えてgooなどを参考にするといいと思います。)

外壁塗装の耐用年数と見積り相場

外壁塗装の耐用年数はこのようになります。
(※ サイディングの耐用年数ではなく、塗装の耐用年数です)

外壁塗装は頻繁にできるものではありませんし、5年や10年などすぐに経過してしまいますから、できるだけ耐用年数が長いものをお勧めします。

耐用年数 15年~20年(おすすめ)
・セラミック配合のフッ素樹脂系塗料
・ガイナ塗料
延べ面積120㎡の住宅で115万円~130万円前後

耐用年数 15年前後(おすすめ)
・フッ素樹脂系塗料
同じく120㎡の住宅で100万円~120万円前後

耐用年数 12年前後(最低でもこれを)
・シリコン系塗料
同じく120㎡の住宅で80万円~90万円前後

ウレタン塗装やアクリル塗装など耐用年数が5~7年の塗料は使用してはいけません。

計画的な外壁塗装で長期計画を

平均的と思われる長期計画をご紹介するとこんな感じです。

30歳で家を建てたとします。
最初の外壁塗装は新築の12年後の42歳。
この時点で耐用年数20年の塗装をすると
新築後32年後の62歳でちょうどサイディングの張り替え時期となります。

ここで張替を行ったとして
次の塗装は12年後の72歳。
耐用年数20年の塗装を行うと
一生ものになると思います。

当サイトでは、優良業者を見つける方法をご紹介し、標準的な費用なども解説していきますから、参考になさってください。

まとめ

一般的に優良業者は飛び込みの訪問営業をしません。ましてや、今すぐに契約しないと割引が適用にならないといった、契約を迫るような言い方はしません。

優良業者とは、料金が適正で、知識と技術を持ち、実績が多く、悪い口コミがない業者です。

そのような業者は、上記に揚げたような塗装業者ではない会社が運営している紹介サイトで紹介してもらうのが、素人でも失敗しない現実的な方法だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする