外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 ローラー塗り 吹付

外壁塗装では、ローラー塗りをするのが一般的です。ローラー塗りとは、塗装ローラーを使用して手作業で塗装するための用具です。

吹付はスプレーガンを使用してコンプレッサーで高圧エアーを使用して行います。

スプレーガン

ローラー塗りの方が、広い範囲をある程度の厚みのある塗膜で塗るのに適しています。乾くのに数時間かかるので塗りムラができません。

外壁塗装にはスプレーガンは使用しません。霧状になった塗料の何割かが飛散してしまい、周囲の建物や車を汚してしまう恐れがあり、塗料の使用効率も悪いためです。

チラシ広告に、「ていねいに手作業でローラー塗りを行います」なんて、ていねいを強調する言葉が書かれていても、ローラー塗りが作業上も都合がよく当たり前なのです。

ローラーに長い柄を取り付ければ、かなり広い範囲を移動しないで塗ることができます。ただし、塗料をポタポタ垂らさないように、ある程度の濃度を保ってきれいに塗るには、思うほど簡単ではなく熟練を要します。

細かなところは刷毛塗りをします

破風板や窓サッシの周囲、雨どいの取り付け部など、ローラーでは届かない細かな部分は、刷毛塗りをします。

広いところと細かな作業を要するところは、工法も用具も異なるので、きちんときれいに仕上げられるのはプロならではです。DIYではとてもこんなふうには仕上がりません。