外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 選んではいけない アクリル塗料

外壁塗装は、耐用年数が大事です。
これからは、耐用年数15年以上の塗料を選びたいものですね。

ところで、20年ほど前までは、アクリル塗料が一般的でした。

理由は色鮮やかできれいなためです。
ところがアクリル塗料には外壁塗装には向かない欠点がありました。

それは、耐用年数が短いことです。
5年程度の耐用年数なのです。
でも費用は数十万円しました。

アクリル塗料は、外壁塗装に選んではいけない。

これが現在の考え方です。

アクリル塗料が耐久性に乏しいのは、塗料の主成分としてアクリル樹脂という合成樹脂を使用しているためです。

ただし、アクリル樹脂そのものは、例えば水族館の大きな水槽ガラスに用いられるほど耐久性に優れた素材です。

これが塗料になると次の欠点があります。
紫外線によって劣化が起こりやすくなる。具体的には艶が失われ、変色が発生する。
・塗料に含まれる可塑剤が、紫外線で抜けていき、ひび割れが発生する。

この劣化が5年程度で発生するため、ひんぱんな塗替えが必要になり不経済なのです。

今では耐久性に優れたアクリル塗料も出てきましたが、外壁に使用するのならフッソ樹脂塗料のような耐用年数15年程度の塗料を使用するほうが、結果的に経済的です。

塗料のことを相談できるのはこちらです。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】