外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 選んではいけない ウレタン塗料

アクリル塗料が流行ったあとは、耐久性が伸びたウレタン塗料がよく選ばれました。10年ほど前までの話です。

ウレタン塗料は、ウレタン樹脂を主成分とした合成樹脂塗料です。色鮮やかで柔軟性があり、安いためよく使われました。

でも今では主に耐久性の問題で、外壁塗装に使われることはなくなりました。

耐用年数は8年程度です。

アクリル塗料よりは少し長いですが、シリコン塗料などと比べれば歴然とした差があります。短い周期での塗替えが必要です。

ウレタン塗料は、外壁塗装に選んではいけない。

これが現在の考え方です。

ウレタン塗料は、色鮮やかで柔軟性に富み、密着性が高いため塗膜が剥がれにくいというメリットがあります。

ところがその反面、次の欠点があります。
紫外線によって劣化が起こりやすくなる。具体的には変色しやすく、光沢が失われるのが早くなる。また、汚れやすい。

この劣化が8年程度で発生するため、アクリル塗料同様に、ひんぱんな塗替えが必要になり不経済なのです。

今では耐久性に優れたウレタン塗料も出てきましたが、外壁に使用するのならフッソ樹脂塗料のような耐用年数15年程度の塗料を使用するほうが、結果的に経済的です。

塗料のことも相談できるのはこちらです。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】