外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 相場 2020

外壁塗装の相場は、当サイトでは各社の広告や専門業者の㎡単価などを参考にして算出してきましたが、実際の施工価格は予想より高いことが判明しました。

ざっくりと予想相場を書くと次のようになります。

30坪の家

戸建ての住宅では、延べ床面積30坪(=100㎡)前後が最も多いです。この大きさの住宅の場合、平均的な外壁塗装料金相場は、およそ100万円前後になります。

外壁塗装は、一般的に外壁だけを塗装するものではありません。軒裏、破風板、ベランダ、雨樋などの外から見えるところを一体的に塗装します。

雨樋やベランダは風雨で傷んでいることも多く、外壁塗装をする際に一緒にメンテナンスした方が足場なども共用できて、断然に費用対効果ではいいのです。

外壁塗装工事にかかる費用の内訳とは次のようものです。

・塗料+工賃
・足場、ネット
・高圧洗浄
・下地調整・ひび割れ補修
・目地の打ち直し
・軒裏・破風板・雨樋ほか多くの付帯工事
・運搬費・管理費・廃棄物処理費

塗料と工賃は、どんな塗料を使うかで違ってきます。

今では一般的なフッ素樹脂系塗料だと㎡単価は安くても4,000円前後します。30坪の家の外壁面積は約150㎡ほどになるので、4,000円×150㎡で約60万円になります。

ここだけを捉えて、業者の広告では「100㎡の住宅の外壁塗装は60万円」などとうたうのが通常です。

ところが、外壁だけを塗装して終わりというものではありません。上記の多くの付帯工事が出てきますし、足場代ほかの費用も必要です。屋根塗装も合わせてすることになる可能性も高いです。

これらを含めると外壁塗装で相場は100万円以上になりますし、屋根も含めるとさらに30万円以上追加になるのです。

50坪の家

延べ床面積が50坪(=165㎡)の大きな家では、外壁塗装相場は約140万円前後となるようです。

内容は上記に準じます。

さらに詳細な単価が知りたい方はこちらのページを御覧ください。
⇒ 外壁塗装 単価 2020

適正な見積もりとは

定価がない工事だけに、悪質な業者やグレーに近い業者がいるのも事実です。チラシでは「外壁塗装60万円」となっていても、付帯工事や費用をすべて入れると100万円前後になるのは普通です。

本当に「外壁面積×塗料と工賃単価」だけなら60万円かもしれませんが、それだけでは済むはずもなく、一般的には、チラシ広告の金額ではできないと考えておいた方が良いと思います。

見積もりをとったら内訳がきちんと書かれているかを見ましょう。

内訳の例としては次のようなものがあります。
足場代
補修工事内容
高圧洗浄
軒天・付帯部分塗装
外壁塗装
諸経費

これらが、数量、単価、㎡、金額がしっかりと書かれているか、トータルで上記例のような金額以内かをチェックしましょう。

延べ床面積100㎡の住宅のシリコン樹脂系塗装で150万円などというのは、明らかに高すぎます。

やはり世の中には相場というものがあるので、高すぎる場合は理由が納得できるものでない限り受け入れることはできません。逆に安すぎるのも、付帯工事が入っていなかったり、安い塗料だったりと何か理由があるものです。

外壁塗装の相談と見積もりは塗装業者ではないところに依頼してはいかがでしょうか。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】