外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 塗料

外壁塗装に使う塗料は、ホームセンターで売っている油性ペンキではありません。

外壁用の塗料は、紫外線、夏の高温、冬の低温、風雨に耐える長期間の耐久性が求められます。

主に使われる塗料は次の4種類です。
1 水性のシリコン系塗料
2 水性のフッ素樹脂系塗料
3 セラミックなどの無機質を配合したフッ素樹脂系塗料
4 断熱性の高いガイナ塗料

(注)
・エスケー化研をはじめとする有名メーカーの外壁塗料には、耐用年数を長くするため無機質のセラミックをフッ素樹脂系塗料に配合するものが多くなってきました。今後は、セラミックを配合した塗料が主流になっていくと思われます。

外壁用の塗料は、16kg入りで1万5千円から高いものでは数万円以上もします。なかなか高価な塗料です。

塗料にも、水性と油性、1液型と2液混合型などの種類があって、きちんとメーカーの施工手順を守って塗装しないと、所定の耐久性が得られません。

ペンキ塗りだと思っていると全然違います。
高度な知識や熟練した腕が必要なのです。

塗料の種類に戻りますが、耐久性は次のような感じです。

・シリコン系 約10年~12年
・シリコンにセラミックを配合したもの 約12年~15年
・フッ素樹脂系 約15年
・フッ素樹脂にセラミックを配合したもの 約15年~20年
・ガイナ塗料 約15年~20年

今まではシリコン系が主流でしたが、これからはより耐用年数の高いフッ素樹脂系やセラミック配合塗料にシフトしていくものと予想されます。

ちなみに、いま日本で一番売れている建物用塗料メーカーは、エスケー化研という会社です。エスケー化研、日本ペイント、関西ペイントの3社で国内売り上げの90%以上を占めています。

エスケー化研は、さらにその3社の中で50%以上のシェアーを占めています。使うならエスケー化研の塗料だというのはこんな理由です。

外壁塗装をするのならプロに頼みましょう。
見積りは何社からでもとれ、その中から信頼のおける塗装業者を無料で紹介してくれるのはこちらです。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする