外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 大雪で傷んだ外壁

冬は地域によっては大雪が降り、外壁や屋根が傷んだお宅が多いのではないでしょうか。

氷点下の日が多ければ、微細なひび割れに入り込んだ水が凍って体積を増し、壁が割れてしまったり膨れてしまったりすることがあります。

屋根は、凍結の影響や雪の重みで継ぎ目が傷んで雨漏りが生じていることもあります。

傷みは早いうちなら修繕が効きますから、4月になって気温が上がってきたら早めに修理を依頼するのがベターです。

その時、足場を組んだりするので、傷みの程度によっては補修後に屋根や外壁を塗装しなおすと新築のようにきれいになります。

外壁塗装や屋根塗装なら、傷みの修繕も工事に含まれるし、雨どいの外れや割れなども見つけてくれて、合わせて修理するのが結局は一度で済んで費用的にもお得です。

こういう相談なら業者ではなく総合サイトを利用するのもいい方法です。

「外壁塗装の窓口」でも相談サービスを始めたので利用してみてもいいと思います。
⇒ 外壁塗装の窓口

また、親身に相談を聞いてくれる「ヌリカエ」はこちらです。
⇒ ヌリカエ

お住まいの近くの優良業者を紹介してもらうこともできます。もちろん、見積もりを取ってもらうこともできます。

これらは塗装業者ではないので、営業電話がどんどん掛かって来るという心配はも全くありません。

塗装工事は日中の最低気温が5℃以上でないとできません。塗装が硬化しなかったり、本来の強度が出ないためです。なので、4月になったら塗装工事を始めるのがいいと思います。

気温が30度を超える真夏は避けて、4月から7月、9月から11月が外壁塗装に適した時期と言えます。

新築後10年~15年の間に1回目の外壁塗装・屋根塗装をすれば、塗料によっては15年以上も耐用年数がありますから、費用も1年あたりで見れば10万円前後と、車の維持費を考えれば納得できる金額だと思いませんか。

外壁が傷んできているなーと思ったら、まずは電話で相談してみるといいと思います。ヌリカエや外壁塗装の窓口の利用は、すべて無料です。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする