外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 必要性

家の外装材はメンテナンスが必要です。
車にコーティングやワックスがけするのと同じように。

家の外壁の8割は窯業系サイディングボードが使われています。モルタルが1割、ガルバリウム鋼板が5%ぐらいなので、一般的にはサイディング張りです。

サイディングの原料は、木質系繊維にセメントを混ぜたものです。サイディングの敵は雨水などの水分です。そのために表面に防水塗装が施されて製品となっています。

防水塗装は新築後8年ぐらいで劣化が始まり、放置すれば20年ほどで、表面が所どころボロボロと崩れるような箇所が出てきます。

こうなったら劣化した箇所のサイディングを張り替えるしかありません。劣化が家全体に及んでいれば、全体のサイディングの張替えになってしまいます。

外壁塗装をする時期

塗装の劣化が始まった段階で防水塗装をやり直すのが、家のメンテナンスとして重要です。新築後10年から15年の間に行うのが理想です。

このときに耐用年数が15年以上の塗料を使用することで、外壁の張替の時期となる新築後30年ごろまでメンテナンスが不要になります。

外壁塗装を行うときは、サイディングの目地の補修や、錆が出ているベランダの金属部分なども一緒に直してもらいましょう。これらの付帯工事は大した金額ではありません。

外壁塗装は、外壁の張替えよりずっと安く、2分の一以下の費用で済みます。

塗料は何を使うと良い

費用は標準単価のページにも書きましたが、数十万円から100万円以上もする高額な工事なので、3年や5年でダメになって欲しくないですね。

今の技術で一番耐用年数が長いのは、無機質系塗料を使った塗装で、耐用年数約20年です。これ以上の耐用年数の塗料は今の時点ではありません。

従来はシリコン系塗料が主流でしたが、これからは耐用年数約15年のフッ素樹脂系塗料や、セラミックなどの無機質を配合した耐用年数が約20年のフッソ樹脂系塗料が中心になっていくでしょう。

また、断熱効果が高く省エネ効果があり耐用年数も約20年と長い「ガイナ塗料」が注目を集めています。

なので、おすすめはフッ素樹脂塗料、セラミック配合フッ素樹脂塗料、ガイナ塗料など、耐用年数が15年から20年の塗料です。

どんなにいい塗料を使っても、耐用年数をきちんと発揮させるためには、塗装屋さんの知識や技術が大切です。これはある意味、価格以上に大切なことです。

いくら見積もりが安くても、3年や5年で塗装が剥がれてきては意味がないわけですから。こんなに早く塗装が傷むのは、主に下地処理の手抜きや不完全です。

優良業者の中から見積もりをとりましょう。といっても一般の人にはどの業者が優良なのかは分かりません。

一つの方法として、実績があり口コミが良い業者を登録した一括見積サイトで見積もりを取る方法があります。次のようなサイトがそうです。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装の窓口やヌリカエは、サポートセンターでいろいろな相談が無料でできるほか、見積もりをとって依頼しなかった業者さんには、サポートセンターで断りを入れてくれるサービスがあります。

これらは塗装業者ではなく、第3者的な会社なので営業電話がかかって来ることもありませんし、すべて無料で見積もりを依頼できて、相談も無料でできます。

利用するならこういうところを選ぶのもいい方法かも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする