外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁塗装 DIY 下塗り

実は自宅の外壁サイディングが少し剥がれた箇所があるので、DIYで補修したいと思います。まだ築11年です。

こういう場合、サイディングの防水塗装が剥がれた場所は、雨水が浸み込んでいます。天気の良いときに48時間(2昼夜)以上よく乾燥させましょう。

すぐに水性塗料をローラーで塗ってもいいんですが、その前に一工夫しましょう。下塗りのシーラーを浸み込ませるように塗ります。

シーラーで下塗りしよう

楽天で水性シーラーを探してみました。
屋外用でサイディングに使用できるものを選びます。DIY用のシーラーは、次のようなものがいいんじゃないでしょうか。2㎡ぐらい塗れて1,000円前後と安価です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

サンデーペイント 水性 塗料下塗り剤No.10 0.7L 02P03Sep16
価格:893円(税込、送料別) (2016/9/3時点)

シーラーをサイディングに浸み込ませることで、雨水が浸み込んで柔らかくなった内部を補強する意味があります。

雨水が浸み込んだサイディングは、ひどいときは指先でほじるとボロボロと崩れてくるほどです。

シーラーには、これをしっかりと固めて補強する役目があります。もちろん、上塗り塗料をしっかっりと食いつかせるのがシーラーの本来の役目です。

上塗りをする前の試し塗り的な意味合いで、練習にもなります。

デメリットは何もないので、DIYで塗装するときには、水性シーラーで下塗りをしましょう。

DIY 下塗りの仕方

外壁表面の塗料が剥がれて浮き上がった箇所は、スクレーパーでこそげ落とします。

ホコリがついていると塗装の乗りが悪いので、ウエス(ぼろ布)などでよく拭き取ります。水をつけたりしないように注意してください。

シーラーは、ほぼ原液のままでいけると思いますが、缶に書かれている方法で取り扱ってください。あまり薄めると塗料が下に垂れて汚れますから注意してください。

ローラーで何度も十分に塗ります。サイディングにシーラーの色が付くほど塗ってください。手が届くところなら、刷毛の方が塗りやすいと思います。

塗り終わったら十分に乾燥させます。塗料によりますが、暖かい季節で1時間~2時間は必要です。

完全に乾いたら、次は上塗りです。

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の
優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする