外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

外壁工事見積もり 安くする術

外壁塗装で安い見積もりを出してもらうためには、標準的な価格を把握しておきましょう。
こちらのページを参考にしてください。
外壁塗装 標準価格

見積書の書き方は、だいたいこのような内容になっているはずです。
・足場
・下地処理
・塗装
・養生費
・運搬費

もっと細かく書かれていることもあるでしょう。
きちんとこういう項目が書かれていない見積もりは、内訳を確かめた方がいいです。

例えば、塗装工事一式(足場、養生費等を含む)100万円とか書かれていたら、何が高いのか分かりませんね。

また、工事一式250万円のところ出精値引き80万円で今回限り170万円とか、こんな見積りはいい加減だと直感的に分かりますね。

こんな見積もりだと、最初の工事一式250万円の根拠が全然分かりません。この価格ならサイディングの張り替えができます。また、値引き80万円の内訳が分かりません。

とにかく、疑問に思ったら聞いて説明を受けてください。説明があいまいな場合は、お断りしましょう。

塗装代は安いけれど足場台がバカ高いとか、管理費という名目で高額な費用が書かれているなど、バランスが悪い見積もりは、安く見せかけた費用をどこかで高くして帳尻を合わせているのに違いありません。

見積りを安くする術は、まずは見積りを見る目を持つことです。でも、そんな難しい話ではなく、工程ごとの大体の価格を知っておくだけでも全然違います。

そして、話術に騙されないことです。
話術と言うのは冷静に聞けば、全部「言い訳」なんですよね。

話が分からなくなったら決めないで保留にしましょう。

「この価格は今日限りです」なんて言葉にはダマされないようにしてください。きっと、ほかのお宅では明日も同じ事を言っています。

「塗装会社の代わりはいくらでもいる」と考えましょう。

これだけで、バカ高い見積もりはすべてシャットアウトできるはずです。

そして究極の見積もり安く術は、優良業者を選んで登録している次のような総合サイトから複数の見積もりをとることです。

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

なぜなら、他よりも高すぎるとだれも契約してくれないので、できるだけ安い見積もりを書こうとするからです。スタートの時点から見積もりが安いのが特徴です。

上記のヌリカエでは、契約しなかった業者さんには、あなたに代わって断りの電話を入れてくれるそうです。

すべて無料で利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする