外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

コロニアル屋根 塗装

屋根の構造はスレート屋根と鉄板屋根が主流です。スレート屋根と言っても工場の波型になったスレートではありません。

カラーベスト、コロニアル屋根というのが一般的です。これらはクボタ松下電工外装株式会社の商品名ですが、シェアーはトップです。

コロニアル屋根です。オシャレでしょう。これもスレート屋根なんです。

スレート屋根とは

スレート屋根というのは、粘土版岩を薄く加工した屋根材のことで、配合する素材によって種類が分かれています。

天然スレート
石綿スレート(今は使われません)
セメントスレート(今の主流です)

スレートは、屋根のコンパネ(厚めの建築用合板)の上に防水シートを貼り、その上にじかに施工します。

スレート屋根は瓦屋根と違って、定期的に塗装を行わないと「耐熱性」「防水性」等の性能を維持できなくなってしまいます。塗装は10年~15年程度で行うのが良いとされています。

それにスレートは、風雨で泥や汚れが付着しやすく、塗装のときはこれらをきれいに取り除いてやる必要があります。

瓦屋根は、一般的に塗装の必要はなく、割れないかぎりは耐用年数も50年程度と長いのですが、非常に重いため耐震性などに影響を及ぼします。スレート屋根はとても軽量なので耐震性も良いのが特徴です。

コロニアル屋根塗装の見積もり

屋根塗装は、外壁塗装と併せて行うのが効率的です。費用が許せば、一緒にやる方が別々にするよりずっと安く済みますから、同時にすることをおすすめします。

外壁塗装が80万円だとすると、屋根塗装を単独ですると50万円前後かかりますが、一緒にすれば30万円ほどのプラスで済みますので、外壁80万円+屋根30万円で110万円ぐらいでできるのです。

足場も使えるし、下地調整なども同じタイミングでできるので作業効率がとても良いのです。

外壁塗装と屋根塗装の相談や見積もりはこちらがいいと思います。

⇒ 外壁塗装の窓口

⇒ 外壁塗装の駆け込み寺

⇒ 外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】